嫉妬深いと言われる5つの理由

嫉妬深いと言われる5つの理由

嫉妬――。その言葉を聞くだけで顔をしかめたくなるくらい不快な感情です。とくに女性がするもの、というイメージが強いですが、実は男性の嫉妬のほうが根が深いもの。付き合う相手が嫉妬深い男性の場合、苦労するのは目に見えています。そこで、事前に男性が嫉妬深いかどうか知るためにどこに注意したらいいのでしょうか?



付き合う前に、嫉妬深い男かどうか見分ける5つの方法

付き合った当初は、男性からの束縛も嬉しかったけれど、徐々に窮屈を感じるようになってきて困っている、という女性からの悩みをよく聞きます。では、付き合う相手が嫉妬深いかどうか見極められるカンタンな方法をご紹介します。

①自分に自信がない

「俺なんて…」が口癖の彼は、要注意! 嫉妬は、自分自身に不満を持つ人が強く感じる負の感情です。つまり、自分より他人の秀でた部分を受け入れることができず不快になってしまうこと。そのため日ごろから自分に自信が持てない男性は、つねに嫉妬の渦が心を占めている可能性が高いので、嫉妬深いと言えます。

②評判のいい相手を批判する

彼の前で、職場や友人から評判のいい相手を褒めたときに、「いや、あいつは~らしいよ」、「そうはいっても~って聞くよ」など否定的な意見を言う男性も嫉妬深いと言えます。これは、“彼女が褒める相手”を認めたくない気持ちが先行してしまい、このような言動を取ってしまうのです。このとき、自分の意見ではなくあくまでも噂で聞いたように批判する傾向も同時に見られます。

③友達が極端に少ない

嫉妬深い男性は、誰に対してもつねに疑う姿勢で接しているので、心を許せる友達がなかなかできません。そのため人間関係を形成するのが苦手なので、社交的な女性の行動が理解ができないようです。「私と一緒の時間を優先してくれるの」と最初は感激するかもしれませんが、そのうちいつも行動を共にしなければならず、煩わしく感じるようになってしまいます。

④急に不機嫌になる

さっきまで普通に会話をしていたのに、彼が急に黙り込んでしまい、「怒ってるの?」と聞いても「別に」とそっけない返事が返ってきた―。こんな経験、ありませんか? 嫉妬深い男性ほど、嫉妬したときにうまく感情の整理ができないために、黙ることで怒りを相手に表現するのです。

⑤行動をチェックする

「今日は誰と会うの?」「どこに行くの?」など、彼と別行動の日に彼女の行き先や相手などについてしつこく聞いてくる男性は、嫉妬深い男性と言えます。普通であれば、彼女の世界を優先し「いってらっしゃい」と快く送り出してくれるもの。しかし、嫉妬深い男性は「もしかしたら他の男と…」「俺の知らない奴とどこに行くんだろう…」と猜疑心が強いので、ネガティブな妄想ばかりしてしまいます。その結果、携帯を勝手にチェックしたり、1時間おきにメールを返信するように無理な束縛をするなど、行動がどんどんエスカレートしてしまうのです。


いかがだったでしょうか?

嫉妬深い男性は、つねに他人の目を気にして相手と優劣を競っているので、自分を大きく見せようとしています。そんな嫉妬深い男性の行動は、意外とわかりやすいので、しっかり見極めましょう。