失恋した時の5つの行動

失恋した時の5つの行動

本音を言えば、誰しも失恋などは経験したくはありません。しかし、やはりそこは「一人」の問題ではなく「二人」という相手が居るものなので、事の運びを全て自分の都合で進める事は出来ません。そんな、失恋した自分を慰められる方法などはあるのでしょうか?



失恋の悲しみを和らげる5つの方法

人との関わりである以上、失敗という経験は免れない事が圧倒的です。しかし、それを延々と引きずっていては前に進めず、少しでも早く失意を改善する事が望ませます。今回は、失恋をした気持ちを少しでも和らげる5の方法をピックアップしました。

①友人に話す

失恋の思いは、友人にぶつけるのが一番です。もっとも、友人はいい迷惑ですが・・・その友人も、失恋の経験があるのであれば、きっとあなたの力になってくれるでしょう。恋の経験が無い友人であっても、あなたの失意を察して話を聞いてくれる筈です。ただし、友人が失恋した場合、あなたも友人の思いのはけ口になってあげなければなりません。ギブアンドテイクの精神は忘れないようにするのが鉄則です。

②思い切り運動する

よくある手段で取り上げられますが、これは言ってしまえば「その場凌ぎ」でしかありません。その時気持ちが紛れていても、それが終わればまた失恋を思い出す事になります。しかし、その場凌ぎで「思い出さない」を続ける事により、少しずつ失恋の気持ちがかき消されて行きます。運動は、体の健康だけでなく心の健康にも繋がるのです。

③打ち込むものを見つける

これも、言ってしまえば「運動」と仕組みは変わりません。要するに、失恋を思い出さないような、何か趣味や打ち込めるものを見つけて、一所懸命それに邁進するのです。ただ運動と違い、趣味や打ち込めるものはそう簡単には見つかりません。しかしそれが見つかった時、失恋を癒す効果としては抜群であると考えられます。運動と違い、自ら進んで継続する事が出来ますので、失恋の薬としてはさぞよく効く事でしょう。

④自分に言い聞かせる

「自分は間違ってなかった」「もっといい相手を見つける」・・・傍から見れば、ただただ自分を慰める哀れな行為に思われます。ところが、こうやって自分に言い聞かせる事は非常に重要で、自分のすり減った気持ちを自分で奮い立たせる事は、その後の精神強化に繋がります。気持ちを強くするという事は、その後同じダメージを受けてしまっても回復に雲泥の差があるのです。

⑤新しい恋を見つける

これこそ失恋の特効薬です。ただ、難易度としては他のどの方法よりも難しいでしょう。しかし、新しい恋が見つかれば、失恋という悲しい思いなど立ちどころに消失してしまうのが事実なのです。結局、負の気持ちである失恋は、正の気持ちの恋には到底敵わないのです。失恋の思いに打ちひしがれている方は、積極的に色々な出会いを試して新しい恋を探してみましょう。


いかがだったでしょうか?

様々な方法、皆様はどれを実践しますか?振られ方等によっては、極めて長期間引きずる可能性もあります。それにより、日常生活にも支障が出る恐れがあるのです。あらゆる方法を試して、これが駄目なら次、くらいの勢いで少しずつその恋を忘れていきましょう。