失恋が辛いと感じる7つのパターン

失恋が辛いと感じる7つのパターン

失恋をした時、辛いと感じる人は多いですよね。英語では「心が傷つく」と表現される失恋。酷く心が傷ついて、人によってはなかなか立ち直れず長い間辛い時期を過ごすことも。では、失恋が辛いと感じるのはどのようなパターンが多いのでしょうか?



辛いと感じる人が多い7つの失恋パターン

誰でも一度は経験したことのある失恋。失恋を辛いと感じる人とそうでもない人がいますが、辛いと感じる失恋にはどのようなパターンが多いのでしょうか。ここではその失恋のパターンについて説明していきます。

①好きでいた期間が長い

付き合っていてもいなくても、好きでいた期間が長い人ほど失恋が辛いと感じる人が多いようです。好きでいた期間が長いということは相手への想いもそれだけ大きくなっていますので、その分辛さも大きいのです。ずっと想ってきた気持ちは失恋したからといって直ぐに忘れたりなかったことにすることは出来ないので、なかなか辛い気持ちから抜け出せない人が多いのです。

②好きな人に相手がいた

好きになった人に別の相手がいたというのは失恋話ではよくある話です。始めから相手のいる人を好きになることは少ないので、後から知ってしまって結果的に失恋をしてしまい、辛い思いをしてしまうパターンもあります。

③同じ職場や同じ学校

失恋した相手が同じ職場や同じ学校の場合、顔を合わせてしまうのが辛いと感じる人も多いです。失恋した時には出来ることならその相手とは顔を合わせたくないものです。しかし、同じ職場や学校などの場合はそうは言ってられないこともあるので辛いですね。 

④相手の心変わり

「他に好きな人ができた」別れの言葉でこれほど辛いものはないですよね。自分に何か足りないところがあったのか、何か悪いところがあったのだろうかと自分を責めて余計に辛い思いをしてしまう人もいます。

⑤異性としての魅力の消失

何年も付き合っていて家族同然のような付き合いをしていた人に多いのがこのパターンです。長い恋愛に倦怠はつきものなのですが、それを乗り越えることが出来ずに失恋してしまうことも。付き合っていた期間が長ければ長いほど、辛い気持ちを引きずる人が多いです。

⑥「やっぱり無理」

付き合い始めて数週間~数ヶ月で「やっぱり無理」と言われ、あっけなく失恋してしまうパターン。自分の何がいけなかったんだろう、何が気に入らなかったんだろう、と自己嫌悪に陥り、辛い気持ちからなかなか抜け出せない人もいます。

⑦友達に戻れなくなる

今までの関係が崩れてしまって、告白しなければ良かった、付き合わなければ良かった、と失恋よりもそのことで辛い思いをする人もいます。中には元のような関係に戻れる人もいますが、そうでない人の方が多いです。


いかがだったでしょうか?

辛いと感じる失恋パターンは結構ありますね。よくあるパターンのようにも思えますが、辛い思いをしてしまう人が多いのは、こういったパターンが多いからなのです。また、誰にでも起こり得る話でもあるのです。