好きのサイン5つのポイント

好きのサイン5つのポイント

はっきりと「好き」と伝えてはいなくても、なんとなくお互いに想い合っていることもあります。そうした状態になっていれば、告白をしても成功率は高くなります。相手を好きだと思っている時にはサインを出していることがあります。では、好きと思っている時には、どのようなサインが出されているのでしょうか?



「好き」と感じている時に見られるサイン

好きだと思っていても、はっきり「好き」と伝えられず、自分の思いに気付いてもらいたいとサインを送る人もいます。このサインを見逃さなければ、相手が自分をどう思っているのか知ることが出来ます。

①メールや電話での連絡頻度

メールや電話は、用事がある時の連絡手段として用いるものですが、好きな相手とならば、特に用事がなくても関わりたいと思うものです。そのため、相手を好きだと思っている場合には、電話やメールなどでの連絡頻度が高くなることがあります。この時、内容が休養などではなく日常的なものならば、それは「好き」のサインである可能性が高いです。最近はスマートフォンも普及しているので、LINEなどの会話アプリでのやり取りも「好き」のサインの見極めに使えます。

②二人で出掛ける機会を作る

大勢で遊びに行くならば、好きな相手が一緒でも緊張も少なくなります。しかし、二人きりで出掛けるとなると、全く違います。二人きりならば、好きな相手と向き合って過ごせます。二人きりで出掛けようというお誘いは、「好き」というサインとして送られている場合もあるのです。また、逆に二人きりで出掛けようと提案し、相手がそれを受け入れてくれたのならば、それも「好き」のサインと言えます。そして、二人きりで出掛けることが多くなったのならば、それは、相手が「好き」というサインを送り続けている可能性が高いと言えるでしょう。

③ボディータッチが多い

性別に関係なく、好きな人には触れたくなるものです。ボディータッチは、「好き」のサインとして用いられることも多いです。例えば、髪を撫でたり、さりげなく手を繋いできたりするボディータッチの中には「好き」という思いが詰まっており、言葉にしていなくても「好き」だという思いを伝えるためのサインであると言えます。

④帰り際の寂しそうな表情

表情も相手の気持ちを見極めるサインの一つです。楽しそうな表情も「好き」のサインとして見られることもありますが、ここで注目したいのは帰り際の表情です。楽しい時間が終わる時には、寂しい気分になります。楽しい時間を一緒に過ごしていたのが好きな相手ならば、尚更寂しいと感じるものです。もしも帰り際に相手が寂しそうな表情をしていたら、それは「好き」のサインである可能性があります。

⑤「好き」と似ている言葉

「好き」だとはっきり口にすることが出来ないと、その代わりに「好き」のサインとして、「好き」と似たニュアンスの言葉を口にすることがあります。例えば、「一緒にいると落ち着く」、「ずっとこうしていられたらいいな」、「今、とても幸せ」などが挙げられます。これらの言葉には「好き」という単語は入っていませんが、相手に「好き」という気持ちを伝えるためのニュアンスを含んでいます。ですから、こうした言葉が多く見られたら、それは「好き」のサインだと考えていいでしょう。


いかがだったでしょうか?

「好き」と言えなくても、その気持ちを伝えるためのサインは随所に見られます。気になる相手の行動や言動の中に「好き」のサインを見付けたら、相手は告白できずにいる可能性が高いので、思いきって自分からアタックしてみましょう。