年下の男性に脈あり5つのケース

年下の男性に脈ありと感じる5つのケース

注目の年下男性脈りな状況って気になりますよね!最近の働く女性のサプリメント的存在の年下の男性。母性本能をくすぐって、癒しを与えてくれるそんな年下男性の脈あり度を知りたい!キャリア女子注目の「年下男性に脈ありと感じるポイント」にはどんなケースがあるのでしょうか?



年下の男性の脈あり度を測る5つポイント

年下男性が年上の女性に抱く好意には、年齢差特有の「憧れ」からスタートするケースが多い。その「憧れる気持ち」そこが、年下男性の脈あり度をキャッチする最も重要なキーワードです。

①ふとした際、視線が合う

視線は男女問わず、一番脈あり度を判断し易いサインの1つ。男性は、魅力的な女性に対し、本能的に視線を送ってしまいます。隣に彼女がいても、衝動的に視線を送ってしまう程。ずばり脈ありのわかり易い状況です。そうしたアクションも、年下の男性の脈ありな際の特徴は「憧れ」から、魅力を感じる傾向にあるので、本能で見るのではなく相手の行動を知ろうとします。視線が運ばれる頻度が高ければ、年下男性の脈あり度は高いと言えるでしょう。

②話を優先的に聞く姿勢

食事会や飲み会の席で、複数の男女との時間を共有する場合、脈あり度を判断し易い格好の状況と言えます。脈あり度は男性が女性に持つ会話の興味度で判断しますが、年下男性は好意を持った年上女性に対し、特別な位置に入る為の「自分だけが知る部分」を常に探す傾向にあります。年下男性の聞く姿勢をよく観察し見ていくと、上辺の話で終わらない会話は、年下の男性が興味を持っている気持の表れです。そこから脈あり度を判断する事が出来ます。

③強みのアピール

憧れているからこそ、年下の男性はその女性に対等に向き合える器がある部分を無意識に探します。脈ありサインとしては、年齢差から来る経験値と言う物理的なハンディを、どうしたら覆す事が出来るのか?年齢を越えられる自分の強みは?と言った具合に、手に入りにくい物を得たい男性の本能が働きますから、年下の彼が年齢をカバーできる強みをアピールする場合、とても興味を持っている年下の男性の脈ありの可能性は高いと言えます。

④相手の力になりたがる

年下男性は、年齢を超えられない物理的な状況から、頼りない自分をどこか認めています。その為、年下の男性は、反射的に頼りにされたい気持が働きますから、相手を支えられる器を意識し、自分に出来る事を探して積極的に力を貸せる事を探します。自分だけが支えられる部分を探し、年上の女性に頼りにされる部分を、強く示そうとする行動パターンは、他の男性に見られない、年下の男性に見られる特徴的な脈ありサインです。

⑤たまに弱音を吐く

年下の男性にとって、年上女性には「甘えられる」と言った大きな魅力があります。年下の男性は自分を高めてもらえる安心感から、好意を持った年上の女性に甘え、本音をの部分を理解して欲しいと考えます。普段、他の女性に話さない様な、本来は同性にしか打ち明けないような、年下の男性が悩みや弱音を素直に話せる女性は、受け止めてくれる事を前提に気を許していると言えるので、脈ありと言えます。


いかがだったでしょうか?

年下の男性が年上女性に求める「年齢差を超えられる自分の器」と「経験値で支えて欲しいと考える」の両極端な二面性の部分があります。そんな年下の男性特有の年齢差特からうまれる行動パターンから、年下の男性特有の脈あり度を測定していきましょう。