年下の彼女6つの接し方

年下の彼女6つの接し方

世間では、年の差婚が話題になっていますが、年下の彼女はやっぱり可愛くて魅力的なものです。そんな年下の彼女と「最近なんだかうまくいってないなあ」と感じている方は増えています。ではどうしたらうまくつきあっていけるのでしょうか?



年下の彼女とうまく付き合える6つの接し方

年下彼女とうまくつきあっていくには、必ずコツがあります。時には喧嘩や別れ話になったりと、年下の彼女の気持ちがわからなくなったりしますが、うまくつきあっているカップルにはそれなりのコツがあるのです。それではそのコツについて説明していきます。

①同じ目線で話を聞く

年齢が自分よりも下だからといって、上からの目線ばかりで話を聞くばかりじゃなく、同等の位置で話を聞くことが大事です。そうすることによって、彼女も自分のことに自信が持てるようになります。

②気持ちを言葉で表す

自分の気持ちを言葉で素直に相手に話すことは、恥ずかしかったり照れくさかったりしますが、言葉で話すことによって、年下の彼女は安心するのです。言葉というものは態度と違って、気持ちを表すことの中で、相手に一番伝わりやすく、もっとも分かりやすい表現なのです。

③イベント事は忘れない

誕生日やクリスマス、ホワイトデーなど、1年の中でも大切なイベントの日があります。年下の彼女は、このイベント事を忘れずにちょっとした心遣いでもやってくれることに、とても愛情を感じます。もちろんサプライズ的なことをやってくれたなら、非常に喜びます。

④褒める

つきあっていけばいくほど、二人は馴れ合いになっていきますので、年下の彼女が気をつかってやってくれていることも気づかずに過ぎてしまいがちです。一度どんなことに気をつかってくれているのか、ふりかえってみてください。そして、その気のつかいに気がついたら、その度にほめてあげることが大切です。

⑤さりげなく教えてあげる

年下の彼女は、自分よりも経験も少なく知らないことが多いです。そのことを戒めたり、見下したりしてはいけません。人の経験度は男女、年齢によって差がありますし、彼女の方がくわしいことだってあります。もし年下の彼女がわからないことがあったらさりげなく、自尊心を傷つけないように教えてあげましょう。

⑥あたたかく見守る

年下の彼女は、年下なりに年上の貴方の存在をとても頼りにしています。そばにいてくれているだけでも安心を覚えるのです。年上の貴方は大きな気持ちと愛情をもって、彼女を包みあたたかく見守ってあげましょう。なにかあったらいつも自分が見守るからという気持ちを年下の彼女に伝えるといいです。


いかがだったでしょうか?

年下の彼女とうまくつきあっていくには、普段の彼女の気持ちを上手にくみ取って、こたえてあげることの大切さがご理解いただけましたでしょうか。このような6つのコツを二人の関係の中に取り入れて実行していけば、いままでギクシャクしていたことも改善していくでしょう。