年下の彼氏5つの愛し方

年下の彼氏5つの愛し方

バレンタインが近づくにつれ,街中ではチョコレートが目立つ様になります。心の中では「彼、好きかも」と密かな想いを温めながら年下の部下や友人と自然体で接してきた貴女、そんな年下の彼を「年下の彼氏」に昇格する絶好の機会です。それでは「彼氏」昇格後に、年下の彼氏をどの様に愛していけばいいのでしょうか?



末永~い年下彼氏との関係作り

想いの伝え方には正解はありません。どんな技も年下でもある彼氏への一貫した想いには適いません。ここでお伝えしたいのは、年下の彼氏への想いを引き立たせ、伝え易くする心構えであり、貴女の想いがあって初めて活きる知恵です。

①年下彼氏の状態は?

お仕事に疲れきった時に、彼はどんな風に自らを癒しているのでしょうか?もし貴女がおしゃべりで癒していたとしても、貴女の彼氏がそうだとは限りません。彼氏が無口になったとしても、貴女の事を嫌いになった訳ではなく、彼は心の「洞穴」にこもって傷を癒しています。そんなとき、貴女が彼氏を愛しているなら,その入口から出てくる彼氏を笑顔で迎えて下さい。

②自分の状態は?

ただ、一方で年下の彼氏との良い関係を続けていく為には,貴女自身の状態も大事です。貴女が仕事などで余裕がない時に、本音では彼に甘えたいと思うのが自然です。ですから年下という理由で彼氏に甘えたいという気持ちにブレーキをかけずに、「素直に」年下の彼氏に甘えて下さい。ただ年下だと意識すればするほど,彼氏からの「甘え」を受け入れているかも。それが習慣化すれば、年下の彼氏に甘える事は難しくなるのかもしれません。ですから、日頃から余裕がある時に年下の彼氏にどう振る舞えばいいのかを想定しておけばよいでしょう。

③年下彼氏と出会う前の経験は?

年下の彼と会うまで貴女はどんな風に愛し愛されてきたのでしょうか?貴女自身は年下の彼氏とどんな関係になりたいのでしょうか?そしてそんな関係になるには、どんな道筋を彼氏と歩んでいくのですか?絵を描くのは貴女自身です。年下の彼氏と共に成長してラブラブな色をそこに塗り込めましょう。

④年下彼氏と過ごす「今」は?

一段一段の積み重ねで山頂に登頂する様に、年下の彼氏との「今、この瞬間」の繰り返しの先に未来があります。時に年下の彼との関係は迷子になるかもしれませんが、年下という経験の少なさを補うのは、年上である貴女自身の「内なる声」です。迷った時は自分の内なる声を「感じ」ながら選択して下さい。

⑤年下の彼氏と描くゴールは?

さて、そんな年下の彼氏と向かう愛の行き先はどこでしょう?1ヶ月後、半年後の年下の彼氏はどんな風に成長しているでしょう?そして貴女の想いは彼氏と共有出来ていますか?年下であるが故に、ひょっとすると彼氏の見ている風景が違っている可能性があります。同じ風景を共有化する事で、末永い関係を築いて下さい。


いかがだったでしょうか?

年下の彼氏の持つ若さは成長の象徴です。そんな年下である彼氏の変化とともに、貴女自身もどんどん変化成長し続けなければなりません。貴女自身が変化するからこそ、絆を深めることができるのです。年下彼氏の成長と共に成長する貴女の姿を見せて下さい。そうすれば、年下の彼氏はなお一層、貴女に魅かれていく事でしょう。