年上の彼氏の呼び方5つのポイント

年上の彼氏の呼び方5つのポイント

頼りになる年上の彼氏。名前をどのような呼び方で呼んでいますか?あなたは何気なく呼んでいても、年上の彼氏は案外気にしているかもしれません。ここでは年上の彼氏の呼び方で気をつけたい点を解説します。年上の彼氏にはどのような呼び方をすればよいのでしょうか?



年上の彼氏の呼び方で気をつけたい5つのこと

いつも優しい年上彼氏ですが、男として頼られたいというプライドもきっとあるはずです。そんな彼氏の名前を呼ぶ時どのようなことを気にすればよいのでしょうか?年上の彼氏にずっと可愛がってもらうために、気になる名前の呼び方をレクチャーします。

①苗字にさん付けが無難

年上彼氏の呼び方としてまず初めに相応しいのは、苗字にさん付けでしょう。初めから呼び捨てだと少し馴れ馴れしい感じがしてしまいます。男性はプライドが高い人が多いので、彼氏でもまずは敬意を払うことが大切です。ただ、彼氏彼女なのに他人行儀で嫌だという人もいますので、そのように言われたら次からは彼氏の希望する呼び方で呼ぶようにします。

②名前にさん付けがおススメ

名前にさん付けは丁寧なイメージで相手を慕っている感じもあるのでおススメです。外で呼んでも恥ずかしくありません。人との集まりや両親に会った時についついあだ名で呼んで印象を悪くしてしまったという失敗談もありますが、普段から名前にさん付けの呼び方で呼んでいれば、誰に聞かれても大丈夫です。

③仲が深まったらあだ名も

仲が深まって、年上の彼氏がさん付けでない呼び方がよいと提案した場合はあだ名で呼ぶのもよいでしょう。それでも頼りにされたい年上彼氏は、ちゃん付けなどを嫌う場合もあります。工夫して、親しみを持てる愛情溢れた呼び方を考えましょう。また、外で呼んでしまうと恥ずかしいあだ名は避けた方が無難です。

④呼び捨てはこんな時に

年上彼氏が望んでいる場合は別ですが、いきなり呼び捨ての呼び方は少し失礼なのでオススメしません。ただ、男性が呼び捨てにされるのが好きな瞬間があります。それはエッチの時です。エッチの最中に盛り上がってきたとき、たまらないように年上の彼氏の名前を呼び捨てにするとぐっと彼氏は盛り上がり、2人の距離が近づきます。効果的に呼び捨てを使う方法もあるのです。

⑤要注意の呼び方

少し注意が必要な呼び方もあります。「先生」や「彼氏さん」など肩書きや役割を表す呼び方は仕事を思い出したり、プレッシャーを感じてしまったりするからと嫌う男性がいます。肩書きが好きでよく自分でも気にしている年上彼氏なら問題はないでしょう。また「ダーリン」や「あなた」などは結婚のプレッシャーを与えかねませんので、結婚をまだ意識していない彼氏にはオススメはしません。


いかがだったでしょうか?

年上の彼氏の呼び方として様々な呼び方が挙げられますが、まずはさん付けを心がけるのがよいでしょう。お付合いが進み、仲が深まって彼氏の希望があるならその呼び方がよいですが問題ないようなら名前にさん付けが一番無難でオススメです。年上の彼氏の呼び方に気を配り、仲良く関係が続けられるようにしましょう。