年上彼氏6つの接し方

年上彼氏6つの接し方

最近、年の差婚が非常に増えています。ひとまわり年上なんかはもう珍しいことではないです。年上の彼氏と付き合ってる女性もたくさんいます。あなたは年上彼氏に惹かれるために何か工夫をしていますか。では年上彼氏に接する時どういうことに気を付けなければならないでしょうか?



年上彼氏との交際にあたって工夫すべきの5つの点

男性は基本的に年下の女性に魅かれやすいものです。だからといって魅かれ続けるとは言い切れません。些細なことから恋がさめるのも一瞬のことです。それでは、年上彼氏に惹かれ続けるにはどういうふうに接すればいいのかみてみましょう。

①年上彼氏を理解する

年上の彼氏は自分の仕事があり大体自分の生き方があります。学生時代に付き合った男性とは違って、恋愛ばっかりかまってられないです。彼氏にとって一番になろうとしないで下さい。彼にとって自分の仕事や生き方に対して理解してもれえるのが一番嬉しいことです。そんな大人の彼氏のことを理解してあげて下さい。

②配慮のできる年下彼女になる

上で書いた通り、彼はは自分の人生があります。大人になればなるほど仕事は彼にとって分身的な存在になるかもしれません。ですからあなたのことばっかり考える暇なんてありません。連絡が遅くなったり、もしやとれなくなったり、また急に仕事が入ることもあります。寂しい思いさせられるかもしれません。でもそういう彼氏のことを追い詰めないで下さい。むしろ気を遣って連絡をする頻度や時間帯を考慮し、配慮のできる彼女になりましょう。

③女性らしい話し方

学生時代に何げなく使っていた若者言葉や略語などが癖になってでてしまう時があります。相手によってはやっぱいまだまだガキだなって思われる事もあるので気を付けましょう。また、下品な会話や行動も控えましょう。大好きな彼女だから相手は許すかもしれませんが、そんな彼女を人に紹介するのは恥ずかしいと思うがちです。大人げのある言葉使いや礼儀正しさであなたのギャップに、女性らしさを感じさせるのもいいと思います。重要なのは、年上彼氏に合わせようと、大人ぶったりしすぎるのはよくないです。ポイントは自分らしさを出しながらも話し方に気を使うべきです。

④たまには年上彼氏に頼る

年上の彼氏はあなたより人生経験が豊富で仕事の経験も多いはずです。そんな彼氏に人生の先輩として、悩んでいる時や困った時は思いっきり頼りましょう。あなたから尊敬されたような気がして相手もいい気分になります。一つだけ頼ってはいけないものは経済的なことです。年下だからといっていつもおごってもらったり、なんでも買ってもらうような行動は相手に負担がかかるのでやめておきましょう。

⑤思いっきり甘える

ここまで気遣って年上彼氏に相応しい大人の女性を演じることができたなら今度は彼に年下彼女に対しての年上彼氏の役割を果たさせしょう。それは思いっきり甘えることです。例えば、重い荷物を持ってもらったり、家まで送ってもらったりあなたの弱い一面もみせ、上手に甘えることも大事です。


いかがだったでしょうか?
以上年上の彼氏に接する5つの方法でした。男性の精神年齢は女性より4つも低いとよく言われますが、いくら精神年齢が低い男性でも、年上の彼氏なら自分が年上だと意識し、年下の彼女に対し幼いと思うことがあるようなので、そう思われないように工夫をしてみて相手の素敵なパートナーを目指しましょう。