年上の彼女5つの接し方

年上の彼女5つの接し方

年上の彼女を、どう満足させるか?年齢差があればある程悩みは多いはずです。自分では、年齢差は気にしていなくても言葉の端端に遠慮が見えることも…。無意識に気を使っていませんか?年上の彼女と、どう接すれば上手く付き合っていけるのでしょうか?



年上の彼女を満足させる5つの法則

年の差カップルという言葉をよく聞きます。1つ年上でも年上は年上!そんな年上の彼女と上手く付き合っていくための、彼女のプライドをくすぐる話術と態度とはなんでしょう?難しいようで実は簡単です。では、その秘訣をみていきましょう。

①年の開きは関係なし

年上の彼女と付き合っているあなた。悩んでいませんか?1つ上でも10歳上でも彼女は年上なんです。そのことを、いつも頭に入れつつ行動には、そんなこと億尾にも出さないことが一番です。それは顔だけでなく、心も同じことです。いつも包んでくれる彼女。そんな彼女をメロメロにすることは簡単です。あなたが一歩下がったり、2歩前に出たりと、ノウハウを頭にしっかり叩き込めば良いことです。

②彼女に優先権を与える

年上の彼女は、常に微妙な立場にいます。それはあなただけではなのです。甘えたい・・だけど年上というプライドがある。付き合っている以上、年の差なんか考えたくないはずです。一番大切なこと。それは、彼女に優先権を与えることです。ただ、全て言うことを聞くということではなく、表面上は、彼女に権限を与えましょう。要は、気持よくさせてあげるのです。

③年齢のことを話さない

友人や知人の前で、あなたから年齢に関する話題は出さない。集まりの中で、友人の彼女が若い子だったら、それだけで頭の中はモヤモヤしているはず。ましてや友人の彼女に若いね!なんて絶対のタブーです。落ち着いた態度で彼女をエスコートすることや、さりげないあなたの態度が年上の彼女の心を安心させ、頼れると思ってくれるはずです。若い子とキャーキャーしたいときは別口で。彼女同伴の時は、あくまでも年上の彼女をメインにしてあげてください。

④二人きりのときは甘える

自宅や二人きりになった時は、あなたは甘えて下さい。年上の彼女は、甘えたい気持ちはあるけれど、それは人前でのことです。人前では、私は、この人に頼っているのよとアピールしたいのです。だから、二人きりの時は、甘えるあなたを見て、可愛いと思うはずです。包み込んであげたいと思っている事が本音なのですから。年上の女性から見る年下の彼は、とても可愛い存在なのです。だから、何かをしてあげたいと思う母性本能が自ら湧き出てくるのです。甘えてくれることで、私のものだという満足感が幸せな気持ちにしてくれるのです。

⑤プレゼントをあげる

年上の分、彼女は自立のできている女性でしょうから、だいたいの欲しいものは、自分で手に入れているはずです。彼女からもプレゼントを貰うでしょう。3回プレゼントを貰ったら、1回は貴方がお返しをすることです。高価なものでなくて良いのです。貴方から貰うと言うその行為が嬉しいのです。貢いでいるんじゃない。こうして私にもしてくれるんだと思わせて下さい。


いかがだったでしょうか?

年上の彼女と付き合うと言うことは、見た目は、主導権は貴方が握っているように見えますが、実際は彼女が全権を握っているのです。そこを貴方が上手く彼女を喜ばせることでスムーズな関係になります。そして彼女のプライドを絶対に傷つけないこと、これは鉄則です。