年上の彼氏7つの愛し方

年上の彼氏7つの愛し方

年上の彼氏に憧れる女性はとても多いです。立ち振る舞いなどが大人で魅力的な年上の彼氏。落ち着いて大人な関係を築くことができるでしょう。しかし、その年齢差に理想を抱きすぎて、関係がうまくいかない人もいます。では年上の彼氏とうまくいくにはポイントとはどのようなものがあるのでしょうか?



年上の彼氏とうまくいく7つのポイント

年上の彼氏とうまくいくにはいくつかのポイントに沿った行動ととることが重要です。年上の彼氏との関係をうまく続かせている人はどのような点に気をつけているのでしょうか。そのポイントについて説明していきます。

①相手をたてる

年上の彼氏は、場面によってたててあげることが大切です。男性はもともとプライドやメンツを気にします。彼女よりも年齢が上な年上の彼氏なのであれば、その発想は尚更強くなるでしょう。支払いの席や友人で集まる席など、一歩後ろに下がるような気持ちで相手をたてましょう。

②年齢を気にしすぎない

年上の彼氏だから、と接し方や話し方を迷う方がいます。しかし年上の彼氏とはいっても、お付き合いしているのですから関係は同等です。気軽な気持ちで接しましょう。その方が付き合いが深まります。

③甘える

年下の彼女に甘えられて、うれしくない男の人は非常に少ないでしょう。せっかく年上の彼氏とお付き合いしているのですから、胸を借りるつもりで甘えてみましょう。かわいらしく甘えられることによって、年上の彼氏も心がくすぐられること間違いなしです。年齢差をここぞとばかりに利用して、かわいらしく頼ることがポイントです。

④配慮する

年上の彼氏に甘えたり、相手をたてるようにするのは大切だと書きました。勿論その2点はとても大事なポイントなのですが、状況に甘えすぎてしまうのも考えものです。相手が年上の彼氏だからといって、我がまま放題になったりしてはいけません。例え日々の支払いを彼がしてくれているといっても、当たり前だと思わず感謝の気持ちを持たなければなりません。

⑤甘えを断たない

いくら相手のほうが大人だからといって、甘えたいときや弱気になるときもあります。年上の彼氏だから大人だと思ったのに!と考える女性もいるようですが、相手も心のかよった人間なのですから甘えたい気持ちがあるのは当然なのです。大人なのに、年上なのに、と甘えを断つような言葉をかけるのはやめましょう。普段はしっかりしている年上の彼氏なのに甘えてくれている、と考えるようにしましょう。

⑥年下らしく振る舞う

少し大げさかも、と思うくらいにはしゃいだり、笑ったりする姿に年上の彼氏はキュンとします。年の差があるからこそ、天真爛漫な様子に弱いのです。勿論常識のないはしゃぎ方はマイナスポイントですが、デート中などは無邪気に笑顔でいるようにしましょう。

⑦アドバイスを聞く

相手のアドバイスをきくことはとても大切です。年上の彼氏は、人生の先輩でもあります。頼られると嬉しいものです。きっと親身になってアドバイスをしてくれるでしょう。


いかがだったでしょうか?

年上の彼氏とうまくいくためには、相手のことをたててあげる心が重要だとわかっていただけたのではないでしょうか。ただ頼るのではなく、きちんと相手に礼儀に尽くした上での行動が大切です。年齢差をあなた自身が理解し、ポイントにそった行動をとるだけで年上の彼氏とぐんと仲が深まります。