別れる理由5つのポイント

別れる理由5つのポイント

初めのうちは、別れるなんてことは考えられないのが恋愛です。別れる理由や原因も、お付き合いを始めた当初はお互い見当たらないもの。しかし、次第にすれ違いが生じ、それが溝となり、その溝が広がって埋めることができなくなってくると、別れる理由が明らかになって来ます。そんな、別れる理由のベスト5とは?



別れる理由トップ5

カップルが別れる理由は、もちろん千差万別なのですが、別れにつながる原因には傾向性が見られます。逆に、それを良く知ってお付き合いをすれば、関係が長く続き、結婚も視野に入って来るようになるでしょう。

①やっぱり合わなかった

離婚原因のトップは、言わずと知れた「性格の不一致」です。ただし、本当はいろいろな理由があるのに、周囲から詮索されることを嫌って、敢えて真実を言わずに一般的な離婚原因である性格が合わないということにしてしまう場合も多いと見られます。それでも、やはり考え方の違いは、結婚の前も後も、男女間の関係を縮めたり拡げたりしていて、恋愛においても別れる理由の筆頭に挙げられると言えます。「この人とはこの先、話の一致点が見出だせないな」という感覚が強くなるほど、良好な関係の維持は難しくなるでしょう。

②将来への不安

話が合わないことの他にも、今後、この人と一緒に行動を共にしたいと思う気持ちが減ってしまうと、それはやはり別れる理由となって行きます。実生活の上で、仕事の面で、また、他の人との人間関係などにおいて、「この人は大丈夫だろうか」と言動への不安が募って来ると、今後付き合って行くのが億劫になってしまい、別れたい思いに拍車が掛かって行きます。

③別の異性に気が行く

自分以外の人が好きになってフラれた、ということも決して無視できない別れる理由の1つですが、案外、自分が他の人を好きになってしまって・・と、自身が心変わりをして別れることになるケースも少なくないようです。人を好きになるのに理由は無いと言われますが、それは同時に、相手に気が無くなったら、当然に一緒にいる意味が薄れて来ることを意味します。

④相手の言動が重い

自分のことを束縛したり、何かを強制させられたりするようなことが続くと、人間誰でもイヤになります。恋愛においても、不必要に、あるいは“異常に”、自分の行動を監視して来たり行動を制限したりされたら、ピンク色の恋愛模様に灰色や黒い色が混ざって来てしまい、別れる理由となり得ます。

⑤一緒にいて楽しくない

恋愛の真っ只中にいると、恋人と過ごす時間や空間は何でも楽しく嬉しく感じられるものです。恋愛最盛期は、相手のすべて、あるいは多くがステキに見えてしまいます。ところが、人間は誰でも、常にハイテンションでいられるはずもなく、服装も言動もいつも着飾っていられる訳ではありません。恋愛の後半は、素の相手を多く知ることになります。そんな時、今までとのギャップがあったとしても、人間的に惚れる相手なら、恋愛はもっと深まって行くでしょう。しかし、話が続かない、自分の自慢話ばかり、また、自分の話を聞いてくれない、自分の言動を意に介さない、といったことが増え、一緒にいる時間・空間が苦痛になってしまうと、別れるのは理由もなく加速して行きます。


いかがだったでしょうか?

以上をまとめれば、玉ねぎやキャベツのように皮を1枚1枚剥いて行った結果、いよいよ相手の本性が現れたという時に、一人の人間として愛せるか、ということがポイントだと判ります。そして、恋人と別れる理由を一言で言えば、ズバリ、一人の人間としての魅力を感じられなくなった、ということに尽きます。