やきもちの意味を考える5つのポイント

やきもちの意味を考える5つのポイント

ふとしたことで、やきもちを妬いている相手の対処に困った経験はありませんか?「やきもち」と一言にいっても、その意味はいろいろあるようです。どのような意味にとらえるかによって、その後の人間関係に良くも悪くも影響してきそうです。「やきもちの意味」には、一体どんなものがあるのでしょうか?



やきもちの意味を読み解く5つのポイント

世間一般において「やきもち」とは、「特に恋愛関係において、ちょっと困るけど笑って許せる範囲」のものを意味することが多いようですね。では、ほほえましいものから、ちょっと怖いものまで、順番にみていきましょう。

①ちやほやされたい

「ねーねー、こっち向いてよー。」とか言いながらほっぺたを膨らましているような「やきもち」はこんな意味です。テレビ、ゲーム、動物など、「敵」になりえないカテゴリーが「やきもち」の対象であることも多く、「もう、しょうがないなぁ」とハグしてあげれば大丈夫です。こんなやきもちを妬かれると、「ひょっとしてえ、自分のことが好きなのかな?」と期待してしまいますが、甘えたいオーラ全開であるだけに、愛情の矢印は本人に向いていることも。

②かまってほしい

その場で文句を言ってきたり、視線をそらすよう要求してくるような、さばさばと「やきもち」を言葉や行動で表現してくる「やきもち」はこんな意味です。その場で潔く謝ることで「やきもち」がだらだらと尾を引くことはまずありません。こんな「やきもち」を妬かれた場合は、お互いにしっかりとした信頼関係が築けている場合が多く、「愛されてるなぁ」と思ってよいでしょう。

③他の子に嫉妬している

あからさまな行動や言葉で表現はないものの、明らかに態度が一変、しゅんとなるような「やきもち」はこんな意味です。ちょっと異性に視線を送っただけでも、すっかり落ち込んでしまうので、謝罪プラス誠実な「言い訳」が効果的だったりします。機嫌が直るまでに手間と時間が必要なので、一度やきもちを妬いてしまうと、せっかくの楽しいデートもしばらくお預け。いつもこんなやきもちを妬かれている人は、事前に自分の行動に注意しましょう。確かに「愛されている」のはわかるのですが、少々めんどくさい気も。

④メンヘラ気味

一緒にいるときは何ともなかったのに、後になって「もう会わない。」みたいなメールが送られて来るような「やきもち」はこんな意味です。自暴自棄に陥っている感じがしますが、自己顕示欲が強く、こちらが慌てふためく態度をとると、「やきもち」がエスカレートしたり、長引くので注意です。メールなどで様子を見ながら距離を保ち、相手が落ち着くのを待ちましょう。

恨みの気持ちがある
「やきもち」を通り過ぎ、もはや最初の理由すら関係なく振る舞っているような「やきもち」はこんな意味です。相当な理由もないのに、ここまで思いつめられたら、その後の関係の継続を見直すべきかもしれません。自分の身の安全を第一に考えましょう。


いかがだったでしょうか?

「やきもち」の「意味」を知ることで、関係を良好に保つことができます。これら5つのポイントを生かして、恋愛のテクニックに応用するのも良いかもしれません。「やきもちは人生のスパイス」ということで、「やきもち」を楽しみましょう!