やきもち5つの理由

やきもち5つの理由

恋愛関係にやきもちはつきものです。好きな人が他の女子と仲良く喋っている時や彼女が男友達とメールしている時など、やきもち焼きは色々な場面で嫉妬心を燃やしてしまいがちです。やきもちを焼いてしまうのは仕方ないことですが、どうして人はやきもちを焼くのでしょうか?



やきもちを焼いてしまう5つの理由

たま~になら可愛い「やきもち」ですが、度が過ぎるとトラブルの元にもなる厄介物。でもやきもちを焼く理由を知れば、やきもち焼きさんとも上手く付き合うができるはず。やきもちと上手く向かい合って、あなたももっと恋愛上手に!

①不安で

やきもちの一番の原因です。「あの子のほうが魅力的では」「彼は私を愛していないのでは」こうした不安は自信のなさの表れです。自信がないから自分が他人に劣ると感じたり、魅力のない自分は愛されないと考えてしまうのです。自信をつけるのに一番効果的なのは、彼氏・彼女からほめられたり、愛されていることを実感すること。好きな人がやきもち焼きの方は、その人の長所や好きなところを言い自信をつけさせてあげましょう。

②信用がなくて

彼氏や彼女がやきもち焼きなひとは、お相手の方に信用されていない可能性があります。その理由は色々ですが、何にしてもお互いを思いやる気持ちが、長続きのこつです。そこで無理が生じるようなら、残念がらその人は運命の人ではなかったのかもしれません。

③独占欲が強くて

独占欲をなくすのは難しいことですが、独占欲によるやきもちは工夫次第で軽減することができます。方法は様々ですが、一番の要は好きなひとを「一番」にすること。例えば他の女友達と遊びに行ったことでやきもちを焼かれたとしても「彼女の自慢話で盛り上がった」などと言ってあげることで彼女が自分にとって一番であることを知らせてあげます。

④愛してるから

やきもちは愛しているからこそ生じる気持ち。やきもちを焼いてしまう、焼かれてしまうのはある意味幸せなことなんですよ。やきもちを焼く自分に嫌気がさしたり、やきもちを焼かれるのにちょっとうんざりしたりするかもしれませんが、やきもちを許す寛容さを持つことも大切です。

⑤浮気性だから

相手は常に自分と同じ感性をもっているという考えの方、要注意です。自分が浮気性だから相手も浮気性なのではという勝手な心配をし、やきもちを焼いていませんか?もしそうならば、まずはそれを直す努力を。そして相手を信じてください。もし相手が浮気性ならば、徹底的に自分の潔白を証明し、その上で浮気癖を直してもらうことが賢明です。人は自分を信じる人を簡単に裏切られません。信じ抜くことも時には大切なんですよ。


いかがだったでしょうか?

やきもちを焼くことは決して悪いことではありません。またやきもちを焼かれることも実はとっても嬉しいことなんです。だからこそ、そこでやきもち焼きさんと上手く付き合って愛を深められように、些細な努力をしてあげてください。