ヤキモチの答え5つのポイント

ヤキモチの答え5つのポイント

ヤキモチは恋愛や生活をするうえで欠かせない感情の1つになります。何かに対してヤキモチを焼いた事があると思いますがヤキモチの答えは人それぞれ違うものです。人に対してではない事もヤキモチの1つになります。ヤキモチの答えは何なのでしょう?



ヤキモチの答えは自分の心の中にh2>
ヤキモチを焼いた事がない人はおそらくいないのではないでしょうか?好きな人がいると焼かずにはいられない感情の1つになります。何かに対しての劣等感などがヤキモチの答えの1つになります。

①好きな人に好きな人がいる

これは1番シンプルなヤキモチの答えの1つになります。好きな人や気になる人に好きな人がいれば自分に好意を持ってほしいと思います。なのでその相手にヤキモチを焼いてしまうのはヤキモチの答えとして当然のことです。もちろん恋人が他の人に気持ちが向いてしまった時も同じです。いつまでも自分を好きでいてほしい、気持ちを取り戻したいという感情もヤキモチの1つになります。

②スキンシップ

好きな人や気になる人が異性と近い距離で喋っているだけでも嫌なのに、頭をなでるなどスキンシップを目撃してしまったらヤキモチを焼いてしまいます。ただ笑いながらツッコミ程度に肩を叩く、こんな事であってもそれが好きな人とかであればヤキモチを焼いてしまう行動の1つになります。これもヤキモチの答えとしては分かりやすいですね。

③他の子の話題

自分と話をしているのに他の人の話題をずっと出されるといい気持ちはしないですよね。気になる人や好きな人が異性の話題を楽しそうに話していたらなおさらです。これもヤキモチの1つになります。自分と話している時ぐらい自分に興味をもってもらいたい、相手の事を知りたいと思う事がヤキモチの答えです。

④人が褒められている

ここまでは恋愛に対してのヤキモチについて書いてきましたが、ヤキモチの答えは恋愛だけではありません。仕事場で起こることもヤキモチの1つになります。同期が出世した、上司に褒められている。同じスタートラインに立っていたはずの仲間が先に進んでしまう光景を目にした時ヤキモチを焼かずにはいられないはずです。ヤキモチの答えは自分だって頑張っているのになんで?という感情から来るものです。

⑤人ではない事にも

もちろんヤキモチの答えは人間だけではありません。ペット、趣味、仕事なども対象の1つになります。恋人や結婚相手などが自分そっちのけでこれらの物を優先されたら誰だってヤキモチを焼いてしまいます。「私と仕事どっちが大事なの?」なんてセリフをよく耳にしますが、この時の感情こそヤキモチの1つになります。


いかがだったでしょうか?

自分と比べる対象があるとその気持ちは抑える事は難しく自然と起きてしまうもの、そこにヤキモチの答えがあります。異性、同性または人以外のもの。その立場が羨ましい、それを越したい、そうなりたいという気持ちが大きくなればなるほどヤキモチの1つとなります。