やきもち心理5つのポイント

やきもち心理5つのポイント

彼氏の行動にいつもやきもちを、という女子も少なくないでしょう。「私という存在がいるのに、彼の心理が分からない!」と嘆くこともありますよね。ここでは彼氏にやきもちを焼いてしまう女子の心理を分析して、変に疲れないお付き合いのポイントを探ります。男子から見れば、逆に彼女を惹きつけるポイントになる?



彼氏の行動にやきもちを焼く女子の心理ベスト5

やきもちを焼いたり嫉妬をしたりすると、往々にして余計なエネルギーを消耗し疲れてしまうもの。考え方一つで、もっとラクにお付き合いできるかも知れません。そんな、女子がやきもちを焼きやすい心理ベスト5です。

①自分以外の女子に視線

「私と一緒にいても他の女に視線が行くのね」と、彼氏に不信の言葉を投げかけることはありませんか。男子は、視覚による異性の刺激をとにかく受けやすい生き物です。また、「あの女と私を比較しているんでしょ!」とやきもちを焼いてしまいがちですが、その心理とは裏腹に、別の女子のように振る舞うことを求めている訳ではないのです。多くの女性をただ見ていたいという、男子の本能的な心理に過ぎません。それでムッとしてもきりがないのでは。

②自分以外の女子と会話

他の女子と仲良さそうに話す彼氏の姿にやきもちを、ということもよく聞きます。そもそも、嫉妬するというのは、自分の方が適しているのにそう思われないという心理の時に起こるものです。ですから、十分に彼氏と会話する機会があって満足しているのであれば、彼氏の行動にやきもちを焼くことは原則ありません。彼氏にやきもちを焼く心理は、他の女子との会話を羨ましく思っているのが原因であり、もっと彼氏と会話する機会を作ると良いです。

③成功している女子と比較

彼氏が、会社の同僚や知人の女子が頑張っている、成功しているという話をし出したら、フツフツと嫉妬心が湧き起こるもの。そんなやきもち心理の原因はズバリ、自分に自信がないということです。彼氏は、比較してそっちの女子の方が優れているということを訴えたいのではなく、単に、そうやって成功している異性を関係者として尊敬しているという意味で話しているはずです。変に比較せず、自分はこれだけはやっているという自信をしっかりと持つことが大事でしょう。

④自分を大事にしてくれない

いて欲しいと思う時に彼氏がいなかったり、自分が大変な時に彼氏と連絡が取れなかったりすると、やきもちを焼くというよりも不安になるものです。他の女子と一緒にいるのでは、と勘ぐってしまうこともあります。やきもちを焼く心理は、つまりは彼氏を自分の思い通りにしたいという心理の現れでもあるのです。彼氏が自分の思う通りにならない不安が、更にいろいろな妄想へとつながり悪循環となりがちです。彼氏も意思を持つ一人の人間だと認めることが重要です。

⑤彼の言動が許せない

とにかく彼氏の言動が何もかも許せないという場合があるかも知れません。正にやきもちを焼きまくっている状態と言えます。しかし、よく考えてみれば、家族などの身内が突拍子もない行動をしても、それほど目くじらを立てて怒り、まして嫉妬するなんてことはありませんよね。つまり、やきもちを焼くということは、彼との距離がまだまだ遠いという心理の現れでもあるのです。信頼関係がまだ深くないのです。


いかがだったでしょうか?

女子が彼氏にやきもちを焼く場合とその心理について、ご理解頂けましたか?女は嫉妬深いと言われることもありますが、その根本的心理は、愛する彼氏に自分も愛されたいということに他なりません。彼氏を独占しようと変に力まず、彼氏が自分に振り向くように自分を磨くことが大事ですね。